現在の教室登録院数 2566 件

MAO(HOMEBOY)のストリートダンス ダンスコラム

MAO(HOMEBOY)のスペシャルコラム

COLUMN Vol.1 私にとって、ダンスは素敵な「不治の病」

ダンスを始めてから今まで

今年でわたしがダンスを始めて24年が経ちました。
四半世紀、飽きずにダンスばかりしている内に、世に言うアラサーってものが目前に現れて、多少戸惑っています。関西弁で言うなれば「ええ歳」な訳です。
人間、28年も生きてりゃ多少色々あるし、私の場合は多少どころじゃなく色々あったのですが、いつ如何なるときでもダンスだけはずっとそばにありました。
健やかなるときも、病めるときも・・・結婚式の誓いの言葉ではないですが、ダンスが楽しくておもしろくて、そんなときばかりではなく、ダンスのことで悩んだり苦しんだり。それも含めておもしろいと思えるので、これはもうほとんどビョーキの域かと。

不治の病に4歳で罹ってしまいました(笑)しかも年々進行するんです。年を追うごとにもっともっとおもしろくなっちゃってしょうがない!肉体面では老化はとっくに始まっているし、若い子たちに体力で勝つことが難しくなってきたのは事実です。アラサーですから。

でもダンスはスポーツじゃないから、フィジカル一辺倒のものではないですよね。
幾つになっても個人のスタンスで楽しめる、だからこそ世界中の人たちが大昔からダンスをしてきたし、その楽しさを後世に伝えたいと思ってきて今に至る、とわたしは思っています。
たまたまわたしはダンスと出会ってしまったのが幼年期ですが、エイジレスに楽しめるダンスが日本にも根付いていけばいいのにと思います。

ダンスは気持ちの代弁、表現としてのツール。
フィジカルな面ばかりが取り上げられがちなダンスですが、もっと内面的な部分を大事にしていきたいとアラサーのわたしは思う訳です。
アラフォーになってもアラフィフになっても、わたしはダンスをしてることと思います。
ダンスがあるお蔭でわたしの人生は相当豊かになってることを痛感します。
この素敵な不治の病に罹れたことを本当に感謝しています。

ダンスが嗜好品から仕事になるまで

わたしは年の割にはダンスを教える、インストラクターを始めたのは遅い方です。

25歳ごろに、現チームメイト、その頃はまだ別々のチームで活動していたHOMEBOYというチームのTAKANORIが日本一周の旅に出るというので代講を請け負ったのが始まりでした。

期間限定の先生も悪くないかな~なんて。代講のレッスンを続けている内に、教える楽しさに気付いちゃったんです。それと同時に「義務と責任」も意識しだして、それまで好きなダンスだけしてのらりくらりと生きてたわたしには相当な刺激がありました。
こんだけ好きなことなんやから義務と責任負ってちゃんとやってみよう、そう思ってレッスンを始めたのが26歳。インストラクター歴はまだ2年半ぐらいです。
お仕事としてはインストラクターの他にHOMEBOYとして全国各地でショーケースに出演、ジャッジ、振付等いろんなダンスにまつわるお仕事をさせていただいていますが、まさか自分がダンスでお仕事させていただくなんて25歳のころのわたしは全く思ってなかったです。
人生何があるかわからないとはこのことです。

»新着コラム

コラムニストNo.17:MILO

日本とジャマイカで活躍するレゲエダンサー。所属しているATTACK DEM SQUADでは2013年にレゲエの世界大会であるWRDCで優勝し、TV出演やDVDの出版、スクールの講師など広く活動している。

コラムニストNo.16:のりんご☆

ダンスと大道芸を融合させた日本における第一人者として様々なメディアやイベント等に出演。 長年のダンス指導の経験を買われ、ダンス教育のJDAC (社)日本ストリートダンス認定協議会の認定委員長に就任。中学校でダンスが義務教育になったことを受け、文部科学省後援 日本ダンス指導者認定研修大会の実行委員長に就任。ダンス指導者の育成、ダンス教育のプログラムの作成等に努めている。

コラムニストNo.15:KAORI

TVやショー、インストラクターとして活躍中のKAORI。 活動拠点・福岡のソウルフルなノリ&かっこいいスタイルを全国に伝えたい!

コラムニストNo.14:河邉こずえ

3歳からクラシックバレエを始め、国内外で数々の賞を受賞。 現在は、自ら舞踊創作も行う河邉こずえが語るダンスへの想いとは─

コラムニストNo.13:Matsuya

19才の時に上福し、Entartaiment Dance Team『Majestic-5』を結成。様々なコンテストやイベントに出演。 マルチな活動でダンス業界と他業種界の架け橋となり、『九州ストリートダンス界のアイコン』として活動中。

コラム一覧を見る

スポンサードリンク

MAO(HOME BOY) マオ(ホーム ボーイ)

兵庫県西宮市出身、在住。
4歳から15歳までJAZZ、BALLET、TAP、バトン、アクロバット、ミュージカルなどを経験。

森山未來と同じ劇団に所属し、共演。 15歳より「RAVE2001」の影響でSTREET DANCE を始める。

夙川学院中学校・高校卒業後、STREET DANCEの影響で京都産業大学文化学部国際文化科でアメリカ文化(HIPHOPカルチャー)を専攻。

SOUL 、LOCK、PUNKINGを軸に大学在学時から全国数々のバトルイベントで優勝、入賞。

大阪DA専門学校にて、韻シストBAND・shyou氏ら制作楽曲による卒業公演の振付
所属事務所・office ROOR BACHにおいてKenny Dope&DJ SPINNA(Japan Tour)、9th wonder(Japan Tour)、餓鬼レンジャー等、国内外多数のアーティストの大阪公演の制作企画も担当。

なお2013年秋にはデザイナーズブランド「WHOA」の立ち上げ、2011年長男を出産後も現場主義を徹底し、インストラクター・アーティスト・制作企画等マルチに「表現」することを軸に活躍中。

[文部科学省後援]一般社団法人・日本ストリートダンス認定協議会認定 認定指導員ライセンス取得者

おもな成績

UK B-BOY CHAMPIONSHIP 東京予選6位
JAPAN ELIMINATION(世界大会予選) 出場
FUNKY CHIKEN(東京) 優勝
GIRLS 舞遊伝(東京) 準優勝
BATTLE TRIBE(名古屋) 準優勝
BATTLE LOCK BEST8
SUPER FRIDAY(東京) BEST8
Dance Or Die(東京) 準優勝

この他多数優勝入賞あり。

経歴

DANC@LIVE freestyle部門優勝
CAT ミュージックカレッジ Best dancer賞
USJ シークレットロボットダンス 振り付け
土屋アンナの楽曲のPVに出演

ページの先頭へ戻る