現在の教室登録院数 2546 件

Matsuyaのストリートダンス ダンスコラム

Matsuyaのスペシャルコラム

COLUMN Vol.1 ダンサーとして忘れてはいけない事

  

ダンスを踊り始めたきっかけ

昔から、それこそテレビ番組でドリフターズなんかを見て子供ながらに真似していた子供時代から、本格的に【ストリートダンス】として認識してレッスンなどに通い始めたのは高校生2年生の時。自分の世代なんかはその頃、SAMさんが司会をされていた『RAVE 2001』という番組の影響が大きかったと思います。

その頃はただただ純粋に『カッコイイ!!』と思って、同じく見よう見まねで真似していました。
ただやはり独学では限界があるなと思い、自分の視野を広げる為にレッスンを受けに行ったという感じですね。
そこから色んな方々のレッスンを受けて、各ジャンルの歴史、映像資料、文献などを教えて頂き、『知識』の幅は広がっていきましたね。今でもその欲求は健在です(笑)
自分の場合、『ダンス』はただ単純に『好奇心』と『スケベ根性』から来るもの……そんな気がします。

プロのダンサーとは何か

例えば、自分の頭の中になにか表現したいモノがあるとします。
それを自分で表現する為にさて、どんな方法で人に伝えようか? と考えると思うんです。
それが『絵』を書く人もいますし、『歌』を唄う人もいます、
『芝居』にする人、『笑い』にする人もいると思います。
あ、あと『楽器』を演奏する人もいると思いますね。
僕の場合はそれがたまたま『ダンス』だった。
そしてその自分の表現方法でお客様に『喜怒哀楽』・『感動』を与えるにはどうしたら良いか?それを常日頃考えています。
コンテストやショーケース、バトル、レッスンなんかにしても、必ず来て頂いたお客様には一つだけでも『思い出』として持ち帰ってもらえる様に努力、勉強はして来ましたね。

その幅がだんだん大きくなって『お金を払ってでもみたい!!』と言ってくれる方がいる以上、その時点で『プロフェッショナル』なのではないでしょうか??
それは『表現者』としてですね。

ダンスのプロを目指す人へ

多分、『ダンス』って『踊り続けていく』事が一番大事だと思うんですよ。その場所が『スタジオ』でも良いし、『ストリート』でも良い。『舞台』でも良いし、『イベント』でも良いし、『テレビの中』でも良い。最近では新たな選択肢として『学校』というのも増えましたしね。

でも、これからプロとして『踊り続けていく』事を目指す人は、そこには必ず『受け手』がいなければ成立しないという事を忘れないで欲しいと思います。
そしてそこにいる人達を必ず『感動』させる事が至上命題となっていきます。『リスク』なんて、もちろんあります。例えリスクを取ったとしても、その過程でどんな事があったとしても、それを『楽しめる』人間が残っていくと思います。

ただし!!忘れちゃいけないのは『ダンスは絶対的にポジティブなモノ』なのです。
その時、その環境にいる時に自分とダンスの『スタンス』をしっかり持って気持ちよく続けていく事が大切だと思います。

»新着コラム

コラムニストNo.17:MILO

日本とジャマイカで活躍するレゲエダンサー。所属しているATTACK DEM SQUADでは2013年にレゲエの世界大会であるWRDCで優勝し、TV出演やDVDの出版、スクールの講師など広く活動している。

コラムニストNo.16:のりんご☆

ダンスと大道芸を融合させた日本における第一人者として様々なメディアやイベント等に出演。 長年のダンス指導の経験を買われ、ダンス教育のJDAC (社)日本ストリートダンス認定協議会の認定委員長に就任。中学校でダンスが義務教育になったことを受け、文部科学省後援 日本ダンス指導者認定研修大会の実行委員長に就任。ダンス指導者の育成、ダンス教育のプログラムの作成等に努めている。

コラムニストNo.15:KAORI

TVやショー、インストラクターとして活躍中のKAORI。 活動拠点・福岡のソウルフルなノリ&かっこいいスタイルを全国に伝えたい!

コラムニストNo.14:河邉こずえ

3歳からクラシックバレエを始め、国内外で数々の賞を受賞。 現在は、自ら舞踊創作も行う河邉こずえが語るダンスへの想いとは─

コラムニストNo.13:Matsuya

19才の時に上福し、Entartaiment Dance Team『Majestic-5』を結成。様々なコンテストやイベントに出演。 マルチな活動でダンス業界と他業種界の架け橋となり、『九州ストリートダンス界のアイコン』として活動中。

コラム一覧を見る

スポンサードリンク

Matsuya

本名:松矢 光彦
生年月日:1980年6月23日
身長:170cm /体重:55kg
所属ダンスチーム:Majestic-5,
Fukuoka Dixee Sistars feat,Matsuya

19才の時に上福し、Entartaiment Dance Team『Majestic-5』を結成。様々なコンテストやイベントに出演。
結成初年度にて日本最大級のSTREET DANCE CONTEST【JAPAN DANCE DELGHT】にて九州初となる第3位を受賞し、全国で九州をアピール。
また個人ダンサーとしてもダンスバトルで好成績を納める傍ら、コレオグラフやバックダンサーとしても活動している。

2010年に株式会社アローズを設立(現:代表取締役CEO)。
事業内容としてはダンススタジオ経営【TDS DANCE STUDIO】や九州のSTREET DANCE 情報誌【Uptempo】の発刊。
また東京や大阪での九州でのダンスイベント開催やイベントコンサルティング、ダンサー派遣などのプロダクション業務を行い、九州ストリートダンスシーンを礎を築く。
自身の活動枠も大きく広がり、司会業やタレント業、モデル業、ダンスプロデューサーとしてダンス業界と他業種界の架け橋となり、『九州ストリートダンス界のアイコン』として日々活動している。

ダンスチーム受賞歴

ADHIP主催 JAPAN DANCE DELIGHT Vol,11 第3位 (Majestic-5)
ADHIP主催 TOKYO DANCE DELIGHT Vol,8 第2位 (Majestic-5)
ADHIP主催 OSAKA DANCE DELIGHT Vol,25 特別賞 (Fukuoka Dixee Sistars feat,Matsuya)
ADHIP主催 JAPAN DANCE DELIGHT Vol,17 特別賞 (Fukuoka Dixee Sistars feat,Matsuya)

主なダンスチーム活動履歴

三井グリーンランド カウントダウンイベント出演
USJ ユニバーサルスタジオジャパン カウントダウンイベント出演
Gatsby Styling Dance Contest GUEST出演
DANCE@LIVE 3年連続 GUEST DANCER (両国国技館)
テレビ東京系【DANCE@TV】出演
NTV系【スタードラフト会議】ダンス部門・準レギュラー
FM FUKUOKA主催 KYUSHU STREET DANCE ALL STARSとして『➡Pia-no-jaC⬅』と競演。

MC出演履歴

Dance Carnival レギュラー MC
パイオニア STEEZイベント MC
HIS主催 ハウステンボス ダンスイベントMC
ムラサキスポーツ 『ムラサキ@ライド』イベントレギュラーMC

株式会社ARROWS

各取引先株式会社例:
株式会社 ADHIP / 株式会社 Anomary / 株式会社 BLUE SPLUSH / 株式会社 BIG APPLE / 株式会社 JUST BE / 株式会社 マンダム /株式会社 Red Bull Japan / パイオニア・マーケティング株式会社 / 株式会社 ムラサキスポーツ / 株式会社 ZOOM ENTERTAIMENT / 株式会社 ベスト電器 / 株式会社 CASIO / 株式会社電通 / 株式会社 トリアス / 株式会社 H.I.S / 株式会社 FM FUKUOKA

ページの先頭へ戻る