現在の教室登録院数 2555 件

ベリーダンスの種類・特徴

» ベリーダンスの種類・特徴

ベリーダンスはその踊りの特徴や発祥によっていくつかの種類に分ける事が出来ます。

オリエンタルスタイル・エジプシャンスタイル

中東地域のベリーダンスを総称してオリエンタルスタイルと呼び、その中でも主要なものがエジプシャンスタイルです。
エジプシャンスタイルは基本はソロが多く、優雅で細やかな動きが特徴的なダンスで、エジプトの民族舞踊の動きを取り入れた振りが多いダンスです。
音楽は打楽器中心で、衣装は肌の露出が少ないものが基本スタイルとなります。
アサヤと呼ばれるステッキを使うのも特徴的です。

ジプシースタイル

10世紀頃にインド周辺からヨーロッパ・トルコ方面へ移住していったジプシー民族のスタイルで、外や路上で踊る事を想定した明るい色使いの自然を意識した形の衣装を使います。
情熱的で奔放なスタイルのダンスで、ジプシー独特のリズムに合わせて踊ります。

ターキッシュスタイル

トルコ発祥のスタイルで、ダイナミックで大きな動きが特徴的です。
ソロでの踊りが基本で、ジルと呼ばれる小さなシンバルのような楽器をたたきながら踊る事もあります。
ステップが早くエネルギッシュで、衣装も肌の露出が多く派手なものが多いので、若い人に人気のスタイルです。

トライバイルスタイル

アメリカ西海岸発祥のスタイルで、2人以上のグループで踊る群舞が基本です。
オリエンタルスタイルをベースにしていて、女性の力強さを表現した動きが特徴的です。
衣装や音楽の面でもオリエンタルスタイルをベースに、様々な民族楽器や民族衣装の要素を取り入れたものとなっています。
最近ではトライバイルスタイルに、更にヒップホップやジャズなどのダンスを融合してアレンジしたフュージョンスタイルというものも有ります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ戻る